脱毛豆知識

デリケートゾーンの黒ずみ(色素沈着)の原因・対策方法は?VIO脱毛後に悩む人が多い?

最近、デリケートゾーン(VIO)の脱毛をする人が増えているのはご存知でしょうか。


VIOの脱毛を終えた人の中にはVIOの黒ずみが次なる悩みになっているそうです。毛が生えていたときには気が付かなかったのですが、毛がなくなったことで肌が丸見えになり黒ずみ(色素沈着)が目立ってしまう。


他にはVIO脱毛をしたかったのに黒ずみ(色素沈着)の色が濃すぎて脱毛を断られることがあります。恥ずかしい部位を見せて脱毛NGなんてショックですよね。


これからVIOを脱毛しようと考えている人、VIOを脱毛して黒ずみ(色素沈着)が目立ってしまっている人が気になる、VIOの黒ずみ(色素沈着)の原因から対策を紹介します。


VIOの黒ずみ(色素沈着)の正体



VIOの黒ずみ(色素沈着)といっても、他の肌よりうっすらくすんで見える程度から、赤黒く変色してしまった肌まで黒ずみ(色素沈着)の度合いは様々です。


黒ずみの症状は色素沈着と角質層の肥大の2つがあります。


色素沈着は、日焼けやシミの原因になるメラニン色素によって色が濃くなっている状態です。さらに炎症性色素沈着と摩擦黒皮症があります。炎症性色素沈着は、肌トラブル(炎症、ニキビ、カミソリ負けなど)が原因で起こります。摩擦制黒皮症は、同じ部分に摩擦され続けるとメラニン色素が増加してしまう状態です。かゆみ、かぶれ、ヒリヒリするなどの症状もあります。


角質層の肥大は、くすんだような色の黒ずみで、悪化すると皮膚が硬くザラザラやゴワゴワになってしまいます。


色素沈着と角質層の肥大が同時に起きている場合もあります。


VIOが黒ずみ(色素沈着)になる原因



・ムダ毛の自己処理


ムダ毛をカミソリで剃ると、同時に目には見えない傷が肌にもついてしまうそうです。その傷が原因で黒ずみ(色素沈着)になってしまいます。毛抜きによる刺激と肌荒れでも黒ずみ(色素沈着)になることがあります。電気シェーバーでのムダ毛処理が肌への負担が少ないです。電気シェーバーだとすぐにムダ毛が伸びてしまいますが、黒ずみ(色素沈着)には肌に負担をかけないことが重要です。自己処理の回数を減らすことも効果的です。


・下着の擦れや圧迫


下着は1日のほとんどの時間つけているので、その影響は大きいです。可愛いデザインの下着だと肌に負担をかけていることがあります。サイズが合っていないと、ショーツのラインにそって黒ずみ(色素沈着)、ブラのアンダー部分に黒ずみができてないでしょうか。おそらくサイズや素材が肌に合っていません。


実際わたしも、小さめのショーツを履いていたのですが、そのラインにそって肉にまで線がついてしまいました(年齢により肌のハリがなくなっただけかもしれませんが)。お風呂以外の時間はほぼ肌に触れている下着は機能性で選びましょう。


・肌のターンオーバーの乱れ


肌は毎日少しずつ古い角質を落とし、新しい肌へと生まれ変わっています(ターンオーバー)。通常は28日周期でターンオーバーが行われていますが、寝不足、ストレス、スキンケアなどが原因でそれ以上の時間をかかってしまいます。


ターンオーバーが遅れると古い角質が残って肌がくすんで色が濃くなってしまいます。剥がれ落ちるはずだった古い角質をケアしてあげることで改善することができます。


VIOの黒ずみ(色素沈着)対策



1)下着選び 


可愛いデザインの下着は小さすぎたり、素材が肌に優しくなかったりと黒ずみを作り出していることがあります。デザインよりも機能性で選びましょう。肌に優しく黒ずみの原因になりにくい下着を紹介します。


 ・サイズが合っている(小さいと圧迫、大きいと摩擦が起きる)
 ・素材はコットン(綿)またはシルク(絹)
 ・シームレスタイプ(個人的にユニクロのエアリズム ウルトラ シームレス ショーツがおすすめ)
 ・ボクサーパンツ(1分丈やヒップハンガー)


ナプキンやトイレットペーパーの質が悪いと刺激になり黒ずみ(色素沈着)の原因になることがあります。質のいいナプキンやおりものシート、トイレットペーパーを選ぶといいでしょう。また、トイレットペーパーで拭く時にゴシゴシしていませんか?押さえるように優しく拭き取りましょう。


2)保湿と石けん


黒ずみはターンオーバーが上手くいかず、古い角質が残っているケースがあります。しっかりターンオーバーを整えることで肌の生まれ変わらせることができます。ターンオーバーには保湿が重要です。肌を柔らかくして古い角質を落としやすくします。
VIO専用のクリームがありますが、オールインワン化粧品や保湿ジェルなど手軽な商品でも保湿することができます。毎日使い続けることが重要です。
  

VIO専用の石けんを使うのもオススメです。VIO専用ではなくても弱酸性の石けんでも大丈夫です。しっかり泡立てて3分間泡でパックして洗い流します。黒ずみを落とそうとゴシゴシ洗うのは逆効果で強い刺激が黒ずみをつくる原因になってしまいます。
有名なVIO専用石けんは、ジャムウ・ハーバルソープなどがあります。
  

3)ハイドロキノン


シミ対策として有名なのがハイドロキノンです。「肌の漂白剤」とも呼ばれています。
ネットショッピングでも手軽に購入できますが、シミ部分の塗布のみなどVIOの黒ずみには推奨していない商品もあります。自己判断で使うのには強い成分なので、美容クリニックで診察してもらい処方されたハイドロキノンを使うことをおすすめします。


手軽に購入できるVIO専用クリームがあります。イビサクリーム、ハーバルラビットなどが有名です。イビサクリームはブラジリアンワックス専門店が保湿と黒ずみ防止のために業務用をつくられたクリームです。トラネキサム酸(メラニンの生成を抑制、メラノサイトを活性化するプラスミンの働きを抑制)という成分が美白してくれます。
グリチルリチン酸2Kという成分も、メラニン色素を大量に生成するのを抑制してくれます。
VIO専用の美白クリームは最低3ヶ月は使いましょう。即効性があるものではありません。


4)VIO脱毛する


ムダ毛をカミソリで剃るときに目に見えない傷が肌についてしまい、黒ずみ(色素沈着)になっている可能性があります。
サロンやクリニックで脱毛することで自己処理しなくなり黒ずみ(色素沈着)が改善するケースがあります。ワキの黒ずみ(色素沈着)もムダ毛の自己処理による原因であることが多いです。


5)美容クリニックで除去


美容クリニックでは黒ずみ(色素沈着)を治療することができます。
美白効果のある薬を服用する、医療用の美白クリーム塗布するなどの処置から、ピーリング、インティマレーザーというレーザーを黒ずみ(色素沈着)に照射して浮き出た組織をガーゼで拭き取り色素が取れるまで繰り返し照射するという方法、手術では黒ずみ部分(小陰唇)を切除する方法まで色々あります。


美白効果のある薬の服用や医療用の美白クリームの塗布は、即効性はなく時間をかけて治療していきます。3ヶ月以上経過を見ながらになります。薬の服用や、医療用の美白クリームの塗布はホームケアになるのでサボらないように続けることが重要になります。


脱毛機によっては黒ずみ(色素沈着)があっても脱毛OK



医療用レーザーはもともと、シミを除去するために使われていました。シミをとるレーザーと脱毛するレーザーは種類が異なり、波長も出力も違います。


黒ずみ(色素沈着)があっても脱毛できる脱毛機は「ハヤブサ」「ジェントルレーズ」「ジェントルレーズプロ」「ジェントルマックスプロ」というアレキサンドライトを使っているものであえば脱毛できます。


クリニックによって取り扱っている脱毛機が違うので、アレキサンドライトの脱毛機があるか、色素沈着している肌でも脱毛可能かを確認するといいでしょう。


脱毛サロンでは、SHR脱毛という方式であれば日焼けした肌でも脱毛できる脱毛機です。他の脱毛サロンでは断られた肌でも脱毛OKだったという口コミもあるので、黒ずみ(色素沈着)で不安な方は一度カウンセリングへ行ってみてはどうでしょう。


また、Dione(ディオーネ)という脱毛サロンでは、ハイパースキン脱毛という脱毛方法を行っており、色素沈着した肌でも脱毛することができます。ハイパースキン脱毛の光には、フォトフェイシャルの光も同時に照射されるので、黒ずみ(色素沈着)が薄くなる効果も期待できます。
わたしは1度体験で全身をハイパースキン脱毛したことがあります。1度の脱毛なのでムダ毛が減ったという実感はなかったのですが、痛みは全くありません。痛みが強いと言われているVIOも温かいと熱いの間くらいでした。


確実に脱毛したいのであれば「ニードル脱毛」です。毛穴に針をさし電気を流すことで毛乳頭を破壊します。肌の色、毛の色に関係なく脱毛することができます。1本1本しか脱毛することができないので時間がかかります。また、1本脱毛するのに100円近く料金がかかるのでかなり高額になります。痛みも一番痛い脱毛方法です。
時間、金額、痛みとデメリットが多く感じますが、ニードル脱毛は唯一の永久脱毛することが認められている脱毛方法です。


まとめ



・VIO脱毛を終えた人の中にはVIOの黒ずみが気になる人がいる
・VIOの黒ずみで脱毛を断れることがある
・黒ずみの原因は、ムダ毛の自己処理、下着の擦れや圧迫、肌のターンオーバーの乱れ
・黒ずみの対処法は、下着選び、保湿と石けん、ハイドロキノン、VIO脱毛する、美容クリニックで除去

関連ページ

日本と海外の脱毛の概念はココまで違う!?海外でVIO脱毛が当たり前?
VIO脱毛の時の体勢・格好(服装)は恥ずかしい?仰向け?四つん這い?
背中脱毛できる脱毛タオルの効果・口コミは?背中のムダ毛処理に最適?
脱毛男子急増中!ヒゲ脱毛はもちろんVIO脱毛も人気?
VIO脱毛を始めるタイミングは40代までが良い?白髪は脱毛できない?





横浜の人気脱毛サロン

 

横浜の脱毛コラム

 

脱毛豆知識

 

日焼け・美白の知識

 

横浜の人気脱毛クリニック