脱毛豆知識

ケロイド体質だと脱毛を断られるって本当?脱毛できないの?

脱毛のカウンセリングへ行くとアンケート用紙への記入があります。


ほとんどの脱毛サロンや美容クリニックのアンケート用紙には「ケロイド体質の有無」を聞かれる項目があります。
わたしは最近、脱毛サロンの初回キャンペーンなどを狙って3つの脱毛サロンのカウンセリングへ行ったのですが、3つのサロンともアンケートにケロイド体質についての質問項目がありました。


実はケロイド体質だと脱毛を断られることがあるそうです。
なぜ、ケロイド体質だと脱毛ができないのか、ケロイド体質でも脱毛する方法などをまとめましたので参考になればと思います。


ケロイドとは?



ケガをすると傷を埋めようとコラーゲンが緊急で増え元の状態に戻していきます。ケロイド体質の人はこのコラーゲンが必要以上に増えて皮膚を盛り上がらせてしまいます。この皮膚の赤い盛り上がりをケロイドと呼びます。


ケロイドができる原因は遺伝的な要因があるとも考えられていますが、残念ながら解明されていません。
遺伝子の解析結果によると、ケロイド体質の人には遺伝子の異常が発見されたそう。ですが、治療法まではたどり着いていないのが現状です。


ケロイドは肌質や皮膚の色素量に左右される傾向にあるそうです。また、30歳未満の若年者にケロイドが出やすいです。
ケロイドが出やすい場所は骨や軟骨に近い、胸・腕・おしりなどです。手術で切開した部分もケロイドになりやすいです。


ケロイドには、ケロイドではないものがあるのはご存知でしょうか。
「肥厚性瘢痕」といってケロイドと同じように、ケガをすると赤く皮膚が盛り上がりますが、半年から1年でだんだん目立たなくなります。一方ケロイドはいつまでも残っていて、どんどん広がっていきます。
肥厚性瘢痕であれば脱毛ができるそうなので、ケロイドがある人は一度診察してもらいどちらなのか診てもらいましょう。


ケロイドだと脱毛を断られる理由



脱毛サロンには、美容クリニックのように医師がいません。
脱毛サロンのスタッフは医療の素人なので、ケロイドなのか肥厚性瘢痕なのか判断するのは難しいため脱毛を断るという対応しかできません。また、脱毛サロンで脱毛をしてケロイドの症状がでても対処してもらうことは難しいでしょう。
もしケロイド体質であることを隠し脱毛をして、ケロイドが出てしまった場合は脱毛サロンには一切責任はありません。自己責任になってしまうので強行突破はやめましょう。


美容クリニックであれば、医師がケロイドと肥厚性瘢痕どちらなのか診断し脱毛が可能であれば肌や毛質にあった医療レーザーで脱毛ができます。ケロイドの症状がでても適切に処置してもらえる点でも美容クリニックでの脱毛が安心です。


ケロイド体質が脱毛するとどうなるのか



ケロイド体質の人が光脱毛や医療レーザーの光を照射すると出る症状があります。
 ・毛穴が盛り上がる
 ・照射した肌がピンク色っぽくなる
 ・ヤケドの症状が出る
 ・炎症
 ・かゆみや痛みが出る
 ・ケロイドができる


ケロイド体質だからといって、必ず上記のような症状が出るわけではありません。テスト照射で大丈夫だったしても、部位によってケロイドの症状が出ることもあります。やってみないと症状が出るかは分からないというのがケロイド体質の脱毛になります。


ケロイド体質の方は美容クリニックの脱毛がおすすめ


美容クリニックでの脱毛では、ケロイドがある部位は光が当たらないようにテープを貼るなどして避けながら脱毛していきます。


脱毛専門の美容クリニックには、ケロイドの治療に対応していない病院があります。
その場合は、別のケロイド治療ができる皮膚科で診てもらいましょう。皮膚科の担当医に美容クリニックで脱毛ができるか相談し、許可がでればカルテの内容がわかるものを持って脱毛クリニックへ行けば対応してもらえます。
皮膚科ではケロイドを治療し、美容クリニックで脱毛に通うという方法もあります。


ケロイド体質の人が脱毛後に気をつけること


ケロイド体質の人は脱毛後に、かゆみや痛みを感じることがあります。
かゆみや痛みは血行がよくなることが原因で起こりやすくなります。脱毛後は血行がよくなりすぎないように気をつけましょう。


□脱毛後に気をつけること
 ・激しい運動
 ・長風呂
 ・飲酒
 ・辛いもの(刺激物)を避ける


血行がよくなりすぎることによってケロイドの症状を悪化させてしまうかもしれないので、意識することが大切です。何か異変があれば病院で診てもらいましょう。


まとめ



・脱毛サロンではケロイド体質だと断られることが多い
・ケロイド体質を申告しないで肌トラブルがあった場合、脱毛サロンに責任はない
・ケロイド体質の人が照射すると、下記のトラブルが起きる可能性がある
  毛穴が盛り上がる
  照射した肌がピンク色っぽくなる
  ヤケドの症状が出る
  炎症
  かゆみや痛みが出る
  ケロイドができる
・ケロイド体質でも脱毛できる美容クリニックがある
・美容クリニックでもカウンセリングで判断し、脱毛を断れることがある


関連ページ

豊胸手術と脱毛について!体にシリコン・金属などが入っている人必見!
ホクロ・傷痕・シミがある箇所は脱毛できる?ホクロ毛は?
脱毛期間中は肌の保湿が重要?乾燥してると脱毛効果が減ってしまう?
デリケートゾーンの黒ずみ(色素沈着)の原因・対策方法は?VIO脱毛後に悩む人が多い?
医療レーザー脱毛でやけどになる原因は?脱毛後の赤み・腫れ・かゆみの対処法は?





横浜の人気脱毛サロン

 

横浜の脱毛コラム

 

脱毛豆知識

 

日焼け・美白の知識

 

横浜の人気脱毛クリニック