脱毛豆知識

医療レーザー脱毛でやけどになる原因は?脱毛後の赤み・腫れ・かゆみの対処法は?

医療レーザーでは、脱毛機の出力が高いため脱毛後、肌に赤みが出ることがあります。
その赤みが、やけどなのか、そのまま放置していて大丈夫なのかどう自己判断していいのか分からないですよね。


クリニックの脱毛だし、自然治癒でなんとか大丈夫だろうと思っていたら、実はやけどで早めに診察した方がよかったというケースがあるそうです。自己判断って難しいです。


やけどの原因、やけどにならない予防法、対処法などをまとめたので参考になればと思います。


医療レーザーでやけどになる原因


・日焼け

医療レーザーの光は黒い色(メラニン色素)に反応します。
日焼けした肌は皮膚の表面にメラニン色素が集まっているので、照射すると毛だでなく肌にまで高温になりやすくやけどすることがあります。
医療レーザーは出力が大きく脱毛の効果が高いのが特徴です。出力によっては120℃近くまで高温になることがあります。


日焼けしても肌が黒くならない人がいます。
そんな人も注意が必要です。肌が黒くないのでメラニン色素に反応して高温になるリスクは低いのですが、黒くならなくても日焼けによる肌のダメージはあります。
肌にダメージがある状態で照射すれば、やはりやけどになる可能性が高いです。肌が黒くならなくても必ず日焼けをしたことを医師に伝えましょう。


・乾燥


肌が乾燥しているとやけどのリスクが高くなります。
乾燥とは肌の水分量が足りていない状態でバリア機能が低下しています。バリア機能が低下しているところへ照射というダメージが加わることになるのでやけどになる可能性が高くなります。
肌の水分量をチェックするところもあり、水分量が足りていなければその日は脱毛することができません。肌が乾燥しているだけでやけどのリスクが高くなってしまうということです。


・部位によって赤みが出やすい
 

ワキ、VIO、ヒゲ(男性)など濃く太い毛が生えている部位は毛が密集しているほど高熱になりやすいです。
うぶ毛は色素が薄いのでメラニン色素に反応しにくく、なかなか脱毛の効果が出にくいのです。ムダ毛が濃く太いと、しっかりメラニン色素に反応して照射の熱が強くなり肌にまで影響しやすくなります。
男性のヒゲは特に毛が密集しているので、やけどのリスクが高いようです。


・施術者の技術

脱毛は肌に機械を当てているだけで簡単な作業に見えますが、実は技術が必要です。
肌の色、毛の濃さなどを見て脱毛機の出力を決めています。弱すぎると脱毛の効果が減ってしまいますし、強すぎればやけどしてしまいます。冷却具合も見極めなくてはいけません。
また、部位によって適切な脱毛機を選ぶ必要があります。この丁度いい判断が難しいそうで、脱毛が施術者によって効果の差が出るのはこのためです。


医療レーザーでやけどにならないために


1)カウンセリングでテスト照射


自分の肌に脱毛機が合っているかは、テスト照射してもらうのが確実です。ほとんどのクリニックではテスト照射をお願いすれば対応してくれます。
痛みの強さや、赤みがでて引いていくタイミングなど照射後の経過を知ることができます。


2)保湿する


脱毛には保湿が重要です。肌に水分量が足りていないとバリア機能が低下しているので、やけどしやすくなります。やけどだけでなく、痛みが強くなり、脱毛の効果まで薄くなってしまうなどデメリットしかありません。
脱毛する前からしっかり保湿をして備えます。脱毛後も照射によっていつも以上に乾燥しやすくなっているので保湿してあげましょう。


3)日焼けしない


日焼けで肌が黒くなることで、照射の光が肌にまで反応してやけどしてしまいます。日焼けしても黒くならないタイプの人でも日焼けによるダメージがあり、その状態で照射するとやけどの可能性が高くなります。
日焼けしてしまった場合は、1?2ヶ月は脱毛しないようにしましょう。


4)もしくは、日焼けOKな脱毛を選ぶ


肌の色に影響されない脱毛機があります。ダイオードレーザーというレーザーの脱毛機は日焼けしてても大丈夫です。
「メディオスター」「ライトシェア・デュエット」「ソプラノ」という脱毛機がダイオードレーザーです。仕事や趣味などで日焼けしてしまうという人は、ダイオードレーザーを取り扱っているクリニックで相談してみるといいでしょう。


5)肌が弱いことを伝える


脱毛は肌質に合わせて脱毛機を変えたり出力の調節します。
しっかり自分の肌質、肌の状態を伝えることが重要です。先ほど説明した日焼けも、肌が黒くならない人だと見た目で判断しにくいため、いつ頃に日焼けをしたなど伝え忘れがないようにしましょう。


医療レーザー後の肌トラブル対処法



・赤み


医療レーザー後に肌が赤くなるとやけどかなと心配になりますが、ほとんど人に現れる反応です。しばらくすると赤みが引いてきます。正常な反応なので安心してください。


なかなか赤みが引かないときは、保冷剤や冷たく冷やしたタオルで30分ほど冷やします。しばらく様子を見て、赤みが引かなければもう一度冷やしましょう。


2,3日経っても赤みが引かないときは、クリニックへ連絡しましょう。かゆみがある、赤みの部分が広がっった、ただれたなど別の症状がでてくることもあります。赤み以外の症状も必ず伝えましょう。


赤みが引かない原因に、こたつやホットカーペットなど暖房器具によって赤みが出てしまっているケースがあります。また、紫外線を浴びて赤みが出てしまうこともあるので、紫外線が強い季節は薄手の上着を羽織るなど紫外線対策をしましょう。もし長時間、紫外線を浴びてしまったら保冷剤や冷やしたタオルで冷却します。


・かゆみ


脱毛後、かゆみがでることがあります。
かゆみの原因は肌の乾燥です。かゆいからといって絶対に掻いてはいけません。どうしてもかゆみが我慢できないときは、冷やすことで痒みが落ち着きます。


かゆみの原因は乾燥なので、しっかり保湿してあげましょう。
脱毛直後だと肌がデリケートな状態なので、敏感肌用の保湿剤や化粧水を使うことで肌トラブルがおきにくいと思います。

・やけど痕


やけど痕や水ぶくれができたときは中度のやけどです。
すぐに冷やしましょう。水ぶくれは絶対につぶしてはいけません。クリニックへ症状を連絡し対処してもらいましょう。


やけどへの保証内容はクリニックによってことなります。ほとんどのクリニックで診察、治療してくれ処方されるお薬は無料でおこなってくれます。念のためにに契約前に保証内容を確認しておくといいでしょう。


ちなみに、やけどした肌がきれいに治るまでその部分は脱毛することができません。
 

・光アレルギー


脱毛後、ミミズ腫れやじんましん、発疹、ヒリヒリした痛みがでることがあります。
もしかしたら、光アレルギーかもしれません。通常、光アレルギーは紫外線によって発症します。脱毛の光は赤外線なのでアレルギー症状が出る可能性は低いそうです。


ごくまれに、脱毛の光でアレルギー症状が発症する人がいます。軽度のやけどの症状と似ているため自己判断では難しいそうです。また、自己処置では治すことができないので必ずクリニックで治療してもらいましょう。


光アレルギーはテスト照射を行っておけば事前に見つけることができると思います。カウンセリングの時にはテスト照射をお願いしましょう。


・毛のう炎


ヒゲや顔の脱毛後に起きやすい症状が「毛のう炎」です。
毛のう炎は赤いブツブツがたくさんでき、ヒドいと化膿しニキビのような状態になります。照射によって傷ついた毛穴に黄色ブドウ球菌などの細菌に感染しています。ニキビのようにつぶしたくなりますが絶対につぶしてはいけません。クレーターのような跡が残る原因になります。


クリニックに連絡し治療してもらいましょう。お薬(ステロイド剤や抗真菌薬の軟膏、抗生物質の内服薬)も処方してもらえます。


まとめ



・日焼けしたら1ヶ月以上は脱毛しない
・肌が黒くならない人でも日焼け後は脱毛しない
・肌が乾燥しているとやけどしやすい
・脱毛に通っている間は保湿し、日焼けしない
・脱毛後、赤みがある場合は冷やす
・症状がよくならない時はクリニックに連絡し診察してもらう
・契約前に肌トラブルの際の保証を確認しておく


関連ページ

痛いのはイヤ!脱毛の痛みを緩和させる3つの方法とは?
脱毛サロン・クリニックで使われている主要な脱毛機を徹底解剖!
ホクロ・傷痕・シミがある箇所は脱毛できる?ホクロ毛は?
脱毛完了した数年後にムダ毛が復活!?ムダ毛再生後の対処法は?
脱毛期間中は肌の保湿が重要?乾燥してると脱毛効果が減ってしまう?
わたしだけ!?いつも脱毛後に頭痛...大丈夫?脱毛後の体調不良の原因は?






横浜の人気脱毛サロン

 

横浜の脱毛コラム

 

脱毛豆知識

 

日焼け・美白の知識

 

横浜の人気脱毛クリニック