脱毛豆知識

ホクロ・傷痕・シミがある箇所は脱毛できる?ホクロ毛は?

脱毛したい箇所に、ホクロやシミ、傷痕などがあると脱毛はできないのでしょうか??


脱毛サロンで主流の光脱毛(IPL・S.S.C)の仕組みは、メラニン色素に反応する光を照射することで毛根へダメージを与え、毛の再生を妨げます。
細い産毛よりも、メラニン色素を多く含む黒い太い毛に対して高い効果を発揮するのが光脱毛の特長です。


同じくメラニン色素を多く含むホクロも、光に反応して火傷のリスクがあるのです。


そのため、IPL脱毛やS.S.C脱毛の場合、ホクロなどメラニン色素を含む箇所には保護シールを貼るなどして直接光が当たらないようにして施術します。


ホクロから生えている毛は脱毛できる?



ホクロを避けて脱毛施術をするのが光脱毛の基本ですが、ホクロから生えている毛を脱毛したい場合はどうしたらいいのでしょう??


「ホクロ毛」はホクロから毛が生えているように見えますが、実はホクロから生えているのではなく、元々皮膚にある毛穴から毛が生えていてそこにホクロが出来たのです。


毛根全体にホクロが出来てしまっていると、ホクロに含まれているメラニン色素の影響で毛の成長が活性化され、毛が長くなり目立ってしまっているのが「ホクロ毛」です。


長い「ホクロ毛」がある人は一定数います。
恥ずかしいこのホクロ毛をどうにかしたい!と思っている人は多いはずです。


ホクロ毛を脱毛する方法


ホクロの毛を脱毛する方法は、メラニン色素に反応しない脱毛法ですることです!!


光脱毛のSHR方式、ハイパースキン脱毛、ニードル脱毛、はホクロがある部位も脱毛することが可能です!!


SHR方式やハイパースキン脱毛は、IPL方式、S.S.C方式とは根本的に脱毛の仕組みが違い、発毛因子(バルジ)に対してダメージを与え、発毛を阻害する脱毛法で、メラニン色素が反応することはありません。
ニードル脱毛に関しても、毛穴1つ1つに針(ニードル)を刺し、電流を流すことで毛根を破壊するので、これもメラニン色素とは関係ないため、ホクロがある箇所でも脱毛することができます!


脱毛するとホクロは増えるってホント?



脱毛とホクロに関する噂はいくつかあります。。
脱毛の光でホクロが増えるとか大きくなるとか・・・


そもそも、ホクロができる原因はメラノサイトが活発になることでできます。
メラノサイトが活発になるのは、ホルモンバランスが乱れているときや、妊娠中、紫外線を受けたとき、擦るなど一部分に強い刺激を与えたときなどです。


光脱毛や医療レーザー脱毛に使われる光は、可視光線から赤外線に近い波長の光を使用しているので、紫外線ではないので、メラノサイトを活性化させる作用は持っていません。


では、なぜ脱毛でホクロが増える、大きくなるなどの噂がでてきたのでしょうか?


ホクロやシミは、紫外線を浴びてすぐに表面に現れるわけではありません。
皮膚の下で潜んでいた、ホクロやシミの種が脱毛施術によって反応してでてきてしまった。ということが考えられるのです。


また、ホクロが大きくなったというのも、もともと皮膚の奥に眠っていたシミがホクロのあったところに出てきたとも考えられます。


脱毛施術中、日焼けをしないように言われると思います。
日焼け=紫外線を浴極力びないようにする。という意味で、黒くなった肌に脱毛の光が反応して、火傷のリスクがある。というだけでなく、皮膚の奥に眠っているホクロやシミを増やしてしまうことになるからという理由もあるのだと思います。


直接的に脱毛施術の光がホクロを増やすわけではありませんが、奥底に眠っていたホクロやシミを起こしてしまう可能性はなくはないです。


ニキビ痕やアザ、シミ、傷痕がある箇所も脱毛NG?


脱毛サロンで行うIPLやSSC方式の光脱毛は、ホクロだけでなく、基本的に傷痕やニキビ痕、アザやシミがある部分は避けて施術します。
その理由は、火傷や色素沈着などのトラブルのリスクがあるからです。


SHR方式やハイパースキンなどは、メラニン色素に反応しない仕組みなので、シミやアザがあっても脱毛することができる場合もあります。


医療レーザー脱毛は、ニキビ跡やシミ、アザを取るレーザー治療があります。
クリニックでの医療脱毛は、医師免許を持ったスタッフによる施術なので、シミやアザがある部分でも脱毛をすることができるのです。


しかし、傷が深い手術痕があるところには施術できません。
傷痕の周辺なら、施術できるばあいもあるので、相談してみるといいでしょう。


怪我、傷がある間は施術を受けても、傷の治りが悪くなったり、色素沈着を起こす可能性もあるので、は脱毛は避けるほうが無難です。


まとめ



ホクロや傷痕、アザ、シミがある部位も、脱毛方法によっては脱毛が可能です。
肌への負担やリスクを与えず行えるなら、避けることなくすべての範囲を脱毛したいです。


どの方法も100%安心というわけではないので、デメリットも理解しつつ脱毛を受けることが重要です。


医療レーザー脱毛に関しては、施術によってホクロが薄くなったりなくなる人もいるようです。
ホクロもレーザー除去することもできるので、薄くなることは考えられなくないですね。






横浜の人気脱毛サロン

 

横浜の脱毛コラム

 

脱毛豆知識

 

日焼け・美白の知識