脱毛豆知識

脱毛サロンの勧誘を上手に断るには?クーリングオフについても

脱毛したいけど、脱毛サロンへ通うのは・・・とためらっている人の多くが不安に思っているのが「勧誘」です。


無料カウンセリングや脱毛体験、安価なキャンペーンでの契約を目的で行っても、全身脱毛や他の部位などを上手に勧められます。


ホームページとかに「勧誘一切なし」と書いてあっても、実際に来店すると 勧誘にほど近いような強引なオススメをされるサロンがあるのも事実です。


では、一切 他のコースの説明やオススメはないのか?というと、あります!
脱毛サロンもビジネスなので、キャンペーンなどで集客をして、全身脱毛など他の部位の契約につなげることが真の目的です。


勧誘された場合の上手な断り方



サロン側もビジネスなので、必ずと言っていいほどコースなどをオススメされることがあるでしょう。


しかし、昔のように体験キャンペーンに行って、高額なコースを契約しない限り帰らせてもらえないこともあったそうで、「エステ・脱毛=勧誘」のイメージが定着してしまったようです。


法改正されてから、無理な勧誘をするサロンは改善命令が出されらり、罰則が課せられるようになったため、現在は強引な勧誘をするサロンはほとんどないと言われています。


しかし!
法に触れないギリギリラインで勧誘したりする悪徳サロンも存在するのも、口コミなどでみてとれます。


万が一、そんな勧誘にあってしまった場合、上手な断り方を知っておくと無料カウンセリングや体験キャンペーンにも足を運びやすくなりますね!


勧誘されたときに、頃と割るのが申し訳ないな・・・と感じてしまう人もおおいです。
では、どう断ったら スタッフに嫌な感じを出さないで上手く断れるのでしょう??


学生・主婦・OLなど状況によっても断り方が違ってきます。


学生や主婦
コースの内容や金額、説明などに納得できず、断りにくい状況の場合は、
親や夫にお金を出してもらうので、1人で勝手に決められない。と言うと、それ以上しつこく勧められることはないようです。


OL
脱毛に興味はあるけど、今はお金がないし、仕事も忙しくて通う時間もないから。という断り文句を使う人が多いですが、実はこれはNGな断り方です。


脱毛に興味があると言ってしまうと、今だけとか、期間限定など言葉巧みに勧誘してきます。
お金がない。というワードも「分割払い」や「クレジット払い」もできるから、月々◯◯千円からできるなどと勧誘されます。


時間がない・忙しいという理由も、「施術時間も以前より短くなって忙しい人にピッタリ」「通うのは2・3ヶ月おきだから、忙しい人でも通えている」などと丸め込まれてしまう可能性もあります。


勧誘しにくくなる「断りワード」を使って断る



・他のサロンと比較したい
断りにくい場合、他のサロンもカウンセリングの予約をしているのでそこへ行ってから比較して決めたいと言われると、しつこくされません。


・◯◯時に予定があるからその時間には帰る
勧誘が始まって断れなさそうな状況になったら、「◯◯時から予定があるので帰らないといけない」と言って、話しが途中でも帰ってしまうのも手です。


・カウンセリングシートに専業主婦・無職と記入する
最初のカウンセリングシートに、専業主婦・無職と書いておくと、お金が自由に使えないこと、ローンが組めないので、勧誘されにくくなります。


・きっぱりと断る
「今回はこのキャンペーンだけ体験したい」
「体験で効果を感じられたら考える」など、はっきりと断る勇気も必要です!


・一旦 家へ持ち帰ってよく考える
その場での雰囲気にながされて契約してしまわないように、一旦 家に持ち帰り冷静になって契約内容を見直してみる


・友人や家族の助けを借りる
どうしても断れない。という場面になったときに備えて、「◯時頃電話して」などと頼んでおいて「急な用事ができた」と帰る


断りきれなくて契約してしまった場合はクーリングオフ



断りきれず、必要のない部位まで脱毛の契約をしてしまった・・・という人も少なくありません。
はっきりと断れず、流されるまま契約してしまっても、泣き寝入りの必要はありません!


エステや脱毛の契約は、クーリングオフが適用されるのです!


*クーリングオフとは?
一定期間、消費者と業者との間で締結した 説明不要 無条件で申込みの撤回・契約の解除ができる制度。
脱毛の場合、1ヶ月を超える契約期間で契約金が50000円以上、契約日から8日以内ならクーリングオフが適用されます。


脱毛料金が月額制の場合、クーリングオフができないこともあります。
契約金を月々分割払いしている場合は適用になりますが、【キレイモ】の月額プランは契約金額の条件を満たさないので適用外だそうです。


クーリングオフのやり方


クーリングオフというと手続きがめんどくさそう・・・に思えますが、書面を作成し送付すればOKです。


書面に記載する内容は、
・タイトル(通知書)
・契約を解除をする旨
・契約年月日
・商品名(契約プラン名)
・契約金額
・販売会社(会社名・営業所名・担当者名)
・クレジット会社名(クレジットで支払った場合)
・返金を求める旨
・返金用の振込口座情報
・発信日
・自分の氏名


書面の送付は、自分の手元にコピーして残し、特定記録郵便や簡易書留など、配達の記録が残る方法を使用して送ります。


クーリングオフに期間が過ぎてしまっても、中途解約をすることもできます。


中途解約は、施術を受けた文と解約金を除いた金額が返金されます。
解約金は、一度も施術を受けていない場合は20000円、施術を受けた場合 20000円または、契約残額の10% いずれか低い方。


契約時に勧誘が強引だった、契約時に虚偽の説明をされた場合は、8日を過ぎていても、消費者生活センターへ相談するといいでしょう。


まとめ



おすすめなのか、勧誘なのかと捉えるのもお客側の考え次第。
目的が、脱毛体験やキャンペーンなどの場合は、その他に契約するつもりがないので勧誘と捉えてしまうでしょう。


しかし、全身脱毛など、脱毛をしたい、話しを聞きたい。と思って来店している人にとっては、勧誘ではなくオススメととれるのです。


サロン側も商売です。
ある程度のおすすめや勧誘があることを前提で申し込みましょう。






横浜の人気脱毛サロン

 

横浜の脱毛コラム

 

脱毛豆知識

 

日焼け・美白の知識