脱毛豆知識

妊娠中に脱毛できない理由は?妊娠時・出産後の脱毛サロンの対応について

これから脱毛をはじめようと思っている人で、今後妊娠の予定がある人は脱毛サロンやクリニック選びには注意が必要です。
脱毛は完了するまでに年単位で通い続ける必要があります。脱毛サロンやクリニックを選ぶ時は料金や脱毛範囲だけで判断するのではなく、途中で通えなくなった場合の各脱毛サロンやクリニックの対応も検討しておくと失敗がないでしょう。


実は妊娠した場合の対応は脱毛サロンやクリニックによって様々です。休会期間、解約、脱毛再開できる条件などかなり差があります。


脱毛の途中で妊娠しても安心できる脱毛サロンやクリニックについて詳しく解説していきます。


妊娠初期に脱毛、胎児への影響


脱毛した後に妊娠がわかった場合、胎児への影響はないのでしょうか。小さな命に影響がないか不安ですよね。
答えは「胎児への影響はありません」。


脱毛の光やレーザーは皮膚の浅い部分(3ミリから4ミリ)までしか届かないので、子宮に守られた胎児に光が届くことはなく影響はありません。
もちろん、全身脱毛やVIO脱毛、お腹の脱毛など胎児に近い部位を脱毛してしまっても影響はありません。家庭用脱毛器、脱毛サロン、医療レーザーどの脱毛機のどんなパワー出力でも大丈夫です。


脱毛機の光やレーザーが直接、胎児に影響がないといっても脱毛は続けることができません。妊娠がわかった時点で脱毛は必ず中断しましょう。


妊娠中に脱毛ができない理由


妊娠中の脱毛はできません。
妊娠中脱毛できない理由は、脱毛の光やレーザーが直接 母体や胎児へ悪影響があるからではなく、脱毛中の体勢や冷えなど間接的な影響が体への負担になるからです。脱毛の光やレーザー自体は問題ないので安心してください。


□妊娠中脱毛できない理由
 ・うつぶせなどの体勢を長時間する脱毛は母体や胎児にストレス(流産、子宮収縮、陣痛などのリスク)
 ・つわりなど体調不調の原因になる
 ・妊娠中は痛みを強く感じやすい
 ・ホルモンバランスで脱毛の効果が期待できない
 ・肌がダメージを受けやすい、乾燥しやすい
 ・冷却ジェルなど体を冷やしやすい
 ・万が一の責任がとれない


妊娠中のホルモンバランスは通常時とは違います。ホルモンの影響を受やすいムダ毛は、ホルモンバランスが乱れているときに脱毛をしても思ったような効果が期待できません。
実際、妊娠中は通常時とは違うホルモンバランスなので、お腹全体にムダ毛が生えてきたり、へそ下にライン状に濃い毛が生えたりといつも生えていなかったところにまで毛がはえてくることがあります。


妊娠中は脱毛しても効果が期待できない期間ですし、母体や胎児の健康を優先するので脱毛してくれるサロンやクリニックは無いでしょう。
もちろん妊娠の安定期(妊娠中期16週目から27週目)に入ったとしても脱毛はできません。


妊娠時の脱毛サロンの対応


まずは、妊娠がわかったらすぐに脱毛サロンやクリニックへ連絡しましょう。


妊娠して脱毛へ通えなくなると「休止」または「途中解約」どちらかを選択します。
どちらが良いかは人それぞれです。出産後、子どもを預けることが難しく脱毛に通えなさそうであれば途中解約を選んだ方がいいかもしれませんし、通い放題に契約しているのであれば休止を選んだ方がいい場合もあります。スタッフとよく相談して決めましょう。


□休止できる期限(契約コースにより違いがあります)

 ・無期限:恋肌、C3(シースリー)、湘南美容クリニック、銀座カラー(1年ごとに休止延長の連絡が必要)
 ・5年間まで休止できる:musee(ミュゼ)、リゼクリニック
 ・3年間まで休止できる:coloree(コロリー)
 ・2年間まで休止できる:STLASSH(ストラッシュ)、KIREIMO(キレイモ)
 ・1年間まで休止できる:La coco(ラココ)、TBC、RinRin(リンリン)
 ・有料で休止できる:脱毛ラボ 1年の休止12,000円、2年の休止20,000円


月額制コースの契約の場合は解約します。また脱毛をはじめる場合は再契約します。
恋肌の月額制コースなどでは最低契約期間があり、途中で妊娠してしまっても解約するができません。最低契約期間までお金を払うしかないので要注意です。


出産後の脱毛サロンの対応


出産後、母乳で育てる場合ほとんどの脱毛サロンで「授乳中の脱毛NG」としています。
脱毛機の光やレーザーは皮膚の表面までしか届かないので、母乳に直接影響することはありません。万が一何かあった場合、責任がとれないので授乳中の脱毛をNGとしているようです。


 □授乳中の脱毛
  ・授乳中でも脱毛OK:銀座カラー(胸・乳輪周り・両ワキはNG)
  ・授乳中の脱毛NG:musee(ミュゼ)、KIREIMO(キレイモ)、coloree(コロリー)、C3(シースリー)、恋肌


出産後、生理がはじまるタイミングは人それぞれです。授乳中は生理がこないことが多いのですが、人によっては授乳していてもすぐに生理がはじまる人もいます。ちなみに、わたしは1歳になるまで授乳していましたが8ヶ月頃に生理が復活しました。


 □生理の有無
  ・生理が2回以上きたら脱毛OK:リゼクリニック、C3(シースリー)、銀座カラー、恋肌 
  ・生理が安定したらOK:脱毛ラボ
  ・出産3ヶ月以降で脱毛OK:湘南美容クリニック
 

妊娠線や帝王切開の傷がある場合は、脱毛できません。
妊娠線は肌の色であれば脱毛することができますが、妊娠線が濃い紫色や黒っぽくなっている時期だと脱毛することができません。妊娠線の色はだんだん薄くなり白っぽく変化します。色が薄くなれば脱毛することができます。
妊娠線は肌の乾燥が原因なので、しっかり保湿することで妊娠線ができにくくなります。


帝王切開の傷口は色素沈着していたり、ケロイド状になることがあります。傷口の色素が濃いとヤケドする可能性があるため脱毛することができません。傷口を避けて脱毛することになります。


出産後のVIO脱毛


出産のときに、会陰切開や裂けることでデリケートゾーンを縫うことがあります。(わたしも出産時に裂けないように切開し、出産後 縫ってもらいました)


このような場合でも、VIO脱毛はできます。
自然分娩だと縫い合わせる部分が粘膜部分で、照射する場所とは違うので問題なくVIO脱毛することができます。


まとめ


・妊娠と気が付かずに脱毛しても胎児に影響はない
・妊娠すると脱毛に通えない
・休会または途中解約する
・休会できる期間は脱毛サロンやクリニックよって異なる
・出産後、授乳が終わり生理が2回以上きたら脱毛を再開できるところが多い
・色素がある妊娠線、帝王切開の傷口がある場合は避けて脱毛する






横浜の人気脱毛サロン

 

横浜の脱毛コラム

 

脱毛豆知識

 

日焼け・美白の知識

 

横浜の人気脱毛クリニック